レイザーバックをご覧ください。でもあまり近づき過ぎないように… 遊び心に溢れた MUTT Lab からのお願いです。

MUTT Motorcyclesは、唸るようなRazorbackをリリースすることで、バイク業界にまたもや一石を投じました。

MUTTデザインの新型モノショックフレームが特徴のRazorbackは、私たちの他のファットバイクとはまた違った面持ちを見せます。他のバイク同様に、この新型フレームはカスタムとクラシックのルーツを持っています。プレス加工のアルミではなく、美しくシンプルなリアループを備えた、頑丈なチューブフレームです。

Wide Open Space

リアループの真下を見ると…。そこには何もない大きな空間が広がっています。シート下をできるだけすっきりとしたオープンな空間にしようと考えました。そのために、すべての電気系統とバッテリーをシート下に収め、幅を抑えたアルミ製スイングアームを追加することで、リアホイール上に美しく広い空間を残すことに成功したのです。ホイールはもちろんステンレススポーク+アルミリム仕様。これも私たちのカスタムバイク製作の歴史を物語っています。

Get The Skinny

他の125 MUTTと同じように Razorback は堅固な4ストロークブラックエンジンとデルファイ製燃料噴射システムを搭載しています。燃料の供給元はカスタマイズされたスキニータンク。レイザーバック専用の新アイテムです。70年代のタンクをカスタムで搭載しようとしたことはありますか?ならば、新しいタブを溶接したり、へこみを直したり、TIG溶接でタンクに穴を開けたりと、ビンテージパーツをバイクに装着する際に必要な作業をご存知のことでしょう。それらの作業はどうぞ私たちにお任せください。

プロダクションバイクを念頭に置き、過去20年以上に渡って装着してきた数多くのヴィンテージタンクからの影響も受けて、レイザーバックのために独自のタンクをデザインしました。スタイリングはいくつかのヴィンテージバイクからヒントを得ていますが、それはすべてMUTTであり、他のプロダクションバイクでは決して得られないようなワンオフカスタムの雰囲気を持っています。

I Can See For Miles

ローライズMUTTハンドルバー、そしてブラックスリムシートをご用意しました。レイザーバックのシート高は88cmと高めの設定となっており、ライダーはアップライトなライディングポジションをとると同時に、交通量の多い場所でも見晴らしの良い視界が確保されます。それはまさに新たなライディング体験です。
コーナーにこのマシンと共に進入すれば、だれもがニヤリと微笑むことでしょう。

幅広のヨークに支えられたインバーテッドフォークが、渋滞した街中やカントリートラックでの段差を吸収し、18インチのアルミリムとステンレススポークは、MUTT流のファットラバーでフロントを覆っています。Razorbackは太いスタビーサイレンサー付きのフルステンレス製エキゾーストシステムとアルミ製のバッシュプレートで仕上げられています。

detail

2年保証
アルミ製スイングアーム
フロント倒立フォーク
18インチフロントホイール、アルミ製リムとステンレススポーク
18インチリアホイール、アルミ製リム、ステンレススポーク
フロントタイヤ 120/80/18または110/18
リアタイヤ 120/90/18または130/18
ダイヤモンドパターングリップ
薄型シート
ミニスピードメーター
LEDインジケーター
LEDリアライト
アルミマッドガード
コンビブレーキシステム
ステンレスカスタムエキゾーストシステム
11リットルガソリンタンク

 ※写真は英国仕様です。  ※仕様は予告なく変更する場合があります。